バイオ施設を考える


by p3sisetu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2008年 07月 21日 ( 2 )

不買運動?

本日は、武田薬品が主催する 
「新研究所の事業・運営等に関する説明会」 が、
藤沢産業センターで、13:30~16:10 開催されました。
f0160410_22295160.jpg


「説明会」では、
会社側からの説明:
1.武田紹介と新研究所 (大川・取締役・医薬研究本部長)
  ↑ タケダイズム(=誠実)を強調 してますが。。。
2.研究事業内容の詳細 (橋口・医薬研究本部主席部員)
3.地域コミュニティとの共生 (野村・研究業務部長)
4.講演:「病原微生物と感染症対策」
  (小松俊彦・前 国立感染症研究所バイオセーフティ省令室長)

5.質疑応答 
  ↑ 
参加した多くの市民たちは、(…参加者は220人)
最初、武田薬品を歓迎・応援する発言もありましたが、
不安の声、疑問の声がたくさん出ました。

公聴会(7月5日)でも、公述人21人全員が、不安・疑問を述べているのに、
その声に、会社は、「誠実」に応えたとは言いがたく、時間切れ。

なお説明を求める市民の問に、そっけなく、
「今後説明会の予定はありません」 

ざわめく会場・・・市民の声がひびいた。
「周辺住民の健康・安全を二の次にするならば、
タケダの製品は買わないことにします!」

会社側の方たちはとまどっていたように見えました。


終了後、
説明会に参加した市民が自主的に集まりました。
藤沢市市民活動推進センターで、
今後の対応について話し合いました。
そこで、
武田問題対策連絡会
を立ち上げました。
f0160410_23482781.jpg



今日は、午後からの会社主催「説明会」の前に、
「P3施設を考える会」と「湘南の環境を守る会」が呼びかけて、
午前中、村岡公民館で、公聴会の報告会をもちました。
公述をした4人が、スライドを使って発表してから、意見交換をしました。
50人以上が詰めかけ、会議室ぎっしり。関心の高さを感じました。

 ↓ 心強い参加者、薬害スモン問題で活躍した弁護士・宮田学さん
f0160410_2295428.jpg


午前+午後+夜、それぞれの会合、連続で参加されたみなさま、お疲れ様でした。
[PR]
by p3sisetu | 2008-07-21 22:35 | 会議
聞き比べてみませんか
f0160410_20362220.jpg


f0160410_20365068.jpg

[PR]
by p3sisetu | 2008-07-21 00:34 | 会議