バイオ施設を考える


by p3sisetu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

新聞報道

毎日新聞 2008年9月14日 地方版 より
■武田薬品:研究所建設問題 建設に抗議、署名活動案を承認 藤沢で集会 /神奈川
http://mainichi.jp/area/kanagawa/archive/news/2008/09/14/20080914ddlk14040132000c.html

武田薬品:研究所建設問題 建設に抗議、署名活動案を承認 藤沢で集会

 人体に危険性がある微生物を扱う「P3レベル」実験施設を含む武田薬品工業新研究所(藤沢、鎌倉両市)の建設に反対する学習・抗議集会が13日、藤沢市の藤沢産業センターで開かれ、市民約50人が集った。

 主催の対策連絡会が「11月1日に強行しようとする新研究所建設を阻止する」との抗議声明を読み上げ開会した。

 市民からは「人口密集地につくって大丈夫か」との質問が出て、講師の新井秀雄バイオハザード予防市民センター代表幹事は「米ユタ州の砂漠に造るのを市民に阻止された例もある」と答えた。重病の家族がいる出席者からは「発病には時間がかかる。『藤沢病』が出てからでは遅い」「なぜ、藤沢でなければいけないのか」など、活発な意見が出た。

 最後に「病原体や遺伝子組み換え生物、有害薬物を排出しないなどの安全が保証されないかぎり新研究所設置を認めない」との署名収集を進める活動提案が承認された。【永尾洋史】
[PR]
by p3sisetu | 2008-09-14 23:15 | 情報