バイオ施設を考える


by p3sisetu
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

藤沢市長の意見書

藤沢市長の意見書

以下、植木市議からの情報です
ーーーーーーーーーーーーーーー
植木です
武田の環境アセスに対する市長の意見書をもらってきました。

前書きに、公聴会や口述では、大気汚染、水質汚染、騒音、悪臭、遺伝子組換え実験に対する不安の意見が出されている。このような状況を踏まえ、安全、安心が確保するよう十分な配慮を行うこと。住民の不安解消に向けた対策、情報公開を積極的に取り組むこと、市としても協議の場を今後とも継続することを配慮してほしい。という内容が書かれ、

1 施設の稼働前、あとも周辺住民との積極的、かつ継続的なリスクコミュニケーションに努めること。具体的に3点。

2 遺伝子組換え実験に対するバイオハザード対策について十分な対策を講じること。具体的に7点。

3 放射性同位元素のしようについてバイオハザードに従事手対策を講じること

4 個ジェネレーションシステム、廃棄物焼却施設について、公害防止対策技術が施された施設を導入することと、公害対策をしっかりすること。

5 排水を公共下水道に排除するにあたり、法令順守はもとより、十分満足した排水水質とすること。管渠、ポンプ施設、下水道諸施設の機能に支障を与えないこと。具体3点。

6 事業区域にある貴重種(植物)の環境をを考慮し、影響のある時は適期に移植し保全すること。という内容でした。

ーーーーーーーーーーーーーーー
f0160410_10382671.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーー
PDFファイルは、
「武田問題対策連絡会」 http://www.shounan.biz/
の、「行政機関への要請等」にあります。

 ○ 藤沢市長から県知事あての意見書
 ○ 鎌倉市長から県知事あての意見書
 ○ 横浜市長から県知事あての意見書
[PR]
by p3sisetu | 2008-09-09 23:33 | 資料